ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

東京都市大等々力中学・高等学校説明会に参加してきました

今年で共学8年目です。

 

動かない生徒を動かすためのシステム(朝テスト、TQノート、自習室の完備等)やICTルーム、PC教室の新設など生徒が勉強する環境に置いてはトップレベルかと感じました。

 

詰め込める時期には詰め込める時期だけ詰め込むという考えは徹底しているようです。

 

ノーベル賞受賞者の白川教授のアジアにおいて日本人のノーベル賞受賞者が多いのは、日本人は高等教育を母国語で受けることができている(深い思考ができる)からであるとの新聞記事を引用されて、日本語の教育が重要であるのに、英語教育に偏りすぎているのではないかとの原田校長のお話は熱がこもっていました。

 

今年度から導入したAL(アクティブラーニング)型入試で8人の入学者を迎え、その生徒たちの成績を含めた状況のお話もありました。

 

また、来年度からは算数1教科入試を実施するそうです。
他の教科は6年かければ何とかなるが、算数(数学)だけは素質があるのではないかとの思いから始めるとのことでした。

 

高校入試では定員が40名ですが、東京都と神奈川県の地域のトップ校の併願で優秀な生徒が入ってくるので、続けていくとのことです。

今年は高校1年生全員にiPadを導入して来年は新高校1年生にと順次取り入れ、H31年4月には全員に取り入れるとのことです。

 

生徒はとても充実した学校生活を送っているようですが、詰め込む時期というのはいつの時期なのかということと、説明会前のDVDではあったようなのですが(終わりの方しか見ることができませんでした)説明は学業中心だったのが少し気になりました。

 

 

 

はじめてです

先週、説明会に参加しました高木学園女子高等学校の理事長長から直筆のはがきがとどきました。

 

印刷された手紙をいただくことはあるのですが、直筆のものははじめてです。

 

文面からもあずかった生徒を一人ひとり育てていく熱意を感じました。

台風が近づいています

台風が心配でしたが、予定の授業は無事終了しました。
今日のところは雨もそんなに強くありません。

 

生徒が、連休になるといつも台風だ、とぼやいていました。
そんなことはないとは思うのですが、きっと台風の所為で楽しいことが台無しになったことがあったのでしょう。

 

明日は1日風雨が予想されるので、教室は閉めます。

模試の結果が届きました

夏休みの最後の日(8/27)に行った中3生の全県模試の結果が返却されました。

 

中1、中2の合格力判定統一模試の結果はまだです。

 

来週は中3生受験生の二者面談、三者面談を行います。

 

桐生君がとうとう9秒台をだしましたね。
彼が高校生の時10秒01を出したとき、すぐにでも9秒台が出る感じでしたが、見えない重圧感があったのでしょうね。

これで、他の選手も力が抜けて9秒台続出というのは期待過ぎですね。

 

 

昔、小山ゆうの漫画『スプリンター』で主人公が初めて9秒台で走ったとき光の中を突っ切る絵で終わっていたのを思い出しました。桐生君はどんな空気の流れを感じたのでしょうか。

角川ドワンゴ学園N高等学校 説明会の案内が届きました

昨日(6日)角川ドワンゴ学園N高等学校の第一回塾・教育関係者対象の説明会開催の案内状が届きました。

 

「N高等学校」(N高)は「ニコニコ動画」の運営会社であるドワンゴを傘下に持つカドカワが、2016年4月に開校したネットの通信制高校です。

 

開校から1年が経った同校には、2017年7月時点で約4,000人(男女比率は約5割ずつ)もの生徒が入学しているということです。

 

通信制高校といいますと、全日制の高校に何らかの理由で通えない生徒が選ぶ高校のイメージがあるのですが、この高校にはそれだけでなく中学3年生の受験生が選択肢の一つになる独自のカリキュラムが多数くまれているようです。

 

9月26日(火曜)に行われますので、ぜひ参加してこようと思っています。

多摩私立4校合同説明会

午前中、町田で開催された「多摩私立4校合同説明会」に参加してきました。

 

4校とは、日大三中・高、八王子学園、桜美林中・高、玉川学園です。

 

4校同時なので、1校30分での説明時間になります。30分で中学入試・高校入試、それぞれの入学後の説明をすることになるので、どうしても表面的な説明になってしまい物足りなさを感じてしまいます。

 

それを見越してか4校同時の説明会にしては参加者が年々減っているように感じました。

 

個別の説明会を開いてくれる学校もあるのですが、この説明会しか開いてくれない学校もあるので、さて来年はどうしようかと考えているところです。

「時代遅れ」の日本

受動喫煙対策の話です。

 

世界保健機構(WHO)は今年の4月、日本を視察し受動喫煙対策について「時代遅れ」と痛烈に批判し、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、屋内全面禁煙を強く求めました。

 

どのくらい遅れているのか、8種類の公共の場所のうち屋内全面禁煙を法律で義務付けた数を国別でみてみます。

 

まず8種類の公共の場所は以下の通りです(2015年のデータです)。

・医療施設
・大学以外の学校
・大学
・行政機関
・事務所
・飲食店
・バー
・公共交通機関

 

●8種類全ての場所で禁煙:49ヵ国(英国、カナダ、ロシア、ブラジル等)
●6~7種類の場所で禁煙:22ヵ国(ノルウェー、ハンガリー等)
●3〜5種類の場所で禁煙:47ヵ国(ポーランド、ポルトガル等)
●0~2種類の場所で禁煙:70ヵ国(マレーシア、日本等)

*日本は「0」で世界でも異例とあります。

 

道を歩いていてタバコを吸っている人や外に設置してある喫煙所で集まってすっている人はよく見かけますが、施設のなかではあまり見かけなくなりました(飲み屋は別ですが)。

 

「大学以外の学校」というと小中高等学校でしょうか。説明会に行っても煙草を吸っている人や喫煙所を見たことはありませんが、自主規制でしょうか。

 

昔の映画を見ると煙草を吸うシーンが多くあり、たまに見ると違和感を感じます。
最近の映画ですと三浦大輔監督の「何者」で大学生が煙草を吸うシーンが多く、“何のために”と思った印象があります。

 

国立がんセンターの集計では、少なくとも国内で年間15,000人が受動喫煙を受けなければ、がん等で死亡せずにすんだとあり、これは交通事故死者数の約4倍です。

八雲学園中学校・高等学校説明会

本日は八雲学園中学校・高等学校の説明会に参加してきました。

 

中央林間からは田園都市線、大井町線、東横線と乗り換えて都立大学駅までは40~50分ぐらいでしょうか。駅からは徒歩7~8分です。
2回の乗り換えは朝の混雑を考えると少々厳しいかもしれません。

 

八雲学園といえば“英語”教育です。
プレゼンテーション能力が重要ということで、最初に中学生と高校生9人による英語での紹介がありました。

 

生徒の皆さんの英語の発音はとても良かったです(私もわからないなりに感じましたし、一緒に行った英語を教えている先生も感心していましたから間違いないです)。

 

プレゼンテーション能力を鍛えるということで6年間いろいろなプログラムが組まれています。
また、グローバル教育に関してもメイドインジャパンのプログラムではなくインターナショナル基準で行っているということです。

 

アメリカに八雲レジデンスという自前の施設があり、そこを拠点にして短期・長期の研修や留学を行っています。

 

女子校ですが、2018年度より男女共学になります。騎士の精神をもった男子を求めるということでした。

 

PTAはなく、同窓会も支援を受けているだけど校長先生がおっしゃっていました。束縛されず、自由だということでしょうか。

とにかく、校長先生はじめ先生方がとても元気で、活気のある学校でした。

 

 

明日は9月1日、何事もなければいいのですが

中学3年生の国語の題材に萱野稔人さんの「国家権力とはなにか」という評論がありました。

 

その中で、ドイツの社会学者マックス・ウェーバーによる「権力」の定義があり、それによると「権力」とは、或る社会的関係の内部で抵抗を排してまでにこの意志を貫徹するすべて可能性を意味する、とあります。

 

つまり権力とは、たとえ相手がイヤだと思ってもこちら側のいうことに従わせることができる可能性のことであります。

 

国家権力の源泉は暴力の行使にある、という内容はとても興味深かったのですが、今日の本題ではないのでおいておきます。

 

明日は9月1日で夏休みが終わり、子どもの自殺が多くなる日だそうです。
嫌なら行かなければいいのにと思うのは大人の勝手な考えだということはわかります。

 

でも、子どもを学校に行かせようとする“権力の源泉”とはいったい何だろうかと考えてしまいました。

 

「逃げ場所がないならいらっしゃい」という動物園や図書館の呼びかけはとても有効なものだと思います。その呼びかけが必要とする子どもに届くことを願わずにはいられません。

1日の部活の最適時間は1~2時間

今年の全国学力テストで初めて中学の部活動の時間を質問し、平均正答率との関係を集計した。

 

結果は、部活が1時間以上2時間未満の生徒の正答率が国語・数学のA・B問題の全てで最も高いという結果がでた。逆に最も低い正答率は「全くしない」。

 

国公私立の中学生の月~金曜のⅠ日当たりの運動部・文化部の活動時間と正答率の関係は、

●       部活の時間      正答率順位
・2時間以上3時間未満   43.3%    ②
・1時間以上2時間未満   29.0%    ①
・全くしない        11.7%    ⑥
・3時間以上          11.4%    ⑤
・30分以上1時間未満       3.4%       ③
・30分未満           1.0%    ④

 

毎日3時間以上部活をしたあと勉強する気力も体力も失せるというのは無理からぬことです。
また、部活を全くしない生徒のなかには不登校や学業に馴染めない生徒も含まれていると思うので正答率も低くなるのかと想像できます。

 

練習時間が長くて休みがないので入らなかったり、そこそこ楽しめる部活に移ったりという話は聞きます。また、顧問やコーチとの意見の違いでその学年全員が反発して練習に参加しなかったとの話もありました。

 

結果至上主義ではなく心身そこそこ楽しめて勉強時間の妨げにもならない部活を目指せないのでしょうか。
生徒達は部活に何を求めているのかを大人たちは真剣に考える必要があるのではと思います。