ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

埼玉県教委独自の学力・学習状況調査の結果

埼玉県教委が独自で実施している学力・学習状況調査の結果を公表しました。

 

同県の調査の主な目的は、
①学習内容の定着
②学力の経年変化を追う
です。

 

国の調査と異なるところは、②の経年変化を追うところです。

 

調査は今年の4月、さいたま市を除き、県内の公立学校に在籍する小学4年生から中学3年生までの全児童・生徒を対象に実施しました。

 

小4~中1生には、国語・算数(数学)、中2・3生には英語も加えて調査しています。

 

また、同県の学力調査では、全ての問題に難易度を設定して、児童・生徒の学力レベルを測定、一人ひとりの小4~中3までの伸びの具合を分析できるようにしています。

 

本年度の調査結果から算数・数学の伸びた児童・生徒の割合です。
・小4~小5 77.8%
・小5~小6 65.8&
・小6~中1 70.6&
・中1~中2 64.2&
・中2~中3 69.1&

 

学習内容が難しくなる中1に限らず、小5の学習を苦手とする子どもが多い可能性がある、とみています。

 

小5では、比や割合といった実態のない(単位がない)抽象的な数字の理解に苦しむようです。

 

国語でも同様の傾向がでているということなので、小5の学年は要注意といえそうです。

留学する高校生、増えています

朝日中高生新聞からです。

高校生の留学生(3ヵ月以上)が増えています。

 

20181005211551_00001

 

文部科学省の調査では、海外の高校に3カ月以上にわたって留学した高校生は2015年度に4197人いました。

前回、前々回の調査から増加しています。

 

15年の留学先ですが、米国が最多で次いでニュージランド、カナダ、オーストラリア、英国と英語圏の上位5カ国で8割閉めます。

 

増加した理由ですが、
○政府と民間が協力して返済が不要の奨学金制度ができたこと
○留学先で取得した単位を日本でも認める高校が増えた
とあります。

 

大学生が海外に行かなくなったとよく聞きますが、意欲がなくなった訳ではなく、生活費を稼ぐために時間がないとも聞きます。

 

海外に行けばいいという訳ではないですが、高校生の留学生が増えているのはうれしいことです。

 

 

 

日大藤沢高校

午前中、小田急の六会日大前駅から日大を通り抜けて徒歩5~6にある日大藤沢高校の説明会に出席してきました。

 

台風の影響で電車が遅れたり、止まっていたりしていた影響でいつもより参加者大幅に少なく感じました。

 

この学校の説明は必要なことだけを端的に話してくれますので、時間が短く(1時間弱)てたすかります。反面、少し物足りない気もしないでもありません。

 

早めに終わったので、知り合いの室長と日大の学食で昼食をいただきました。
中華の日替わり定食(460円)をいただきましたが、とても美味しかったです。

支払いは専用のカードで帰る時に残金が清算できるシステムです。

日本における学校の裁量権

OECD(経済協力開発機構)が、世界各国の教育実態をまとめた報告書「図表でみる教育2018」を公表しました。

 

学校経営に関わる裁量権について、学校で決められる範囲が加盟国平均が3割に対し日本は2割と下回っています。

 

学校裁量とされた2割についても国や県の枠組みの中で決めており、日本の教育制度における学校裁量権の小ささが浮き彫りになりました。

 

日本の場合、公立の小中学校で使用する教科書は教育委員会が決めるので、学校に決定権はありません。不本意な教科書で教えなければならない先生方も大勢いることでしょう。

 

国公立の中学校の教育課程や人事、予算などの裁量を比べると、38の加盟国と地域中、16カ国・地域で学校が最も多かったに対し、日本は自治体の裁量が大きいのが特徴とあります。

ただ、ドイツ、米国、フランスなども学校の裁量低く,制度の違いで大きく異なっています。

 

校長先生の給与の差が小さい(公表している国で下から2番目)のも日本の特長で、ベテラン教員が校長についていることが大きな要因ということです。

 

多様な生徒を育てることが求められているのに、均一的な生徒を育てるシステムがそのままでは何とも心もとない限りです。将来学校の先生になるという講師も大勢います。彼ら・彼女らの期待を裏切らないでほしいと思います。

神奈川県公立高校入試分析

午前中、新横浜で行われました神奈川県公立高校の入試分析会に参加してきました。

 

今年は社会が難しくなって、理科社会は全国でも最難関の問題になりました。
英語数学は並か中の上で、国語は10年変化がありません。

 

神奈川県の問題の特長は問題文が長いということです。

従ってどの教科も読解力が必要ということで、鉛筆をもって読むことが求められます。

 

つまり、読みながら傍線を引くだけでなく自分になりに図や表にしてまとめて整理しなければ解けないということです。

 

マークシートで答える問題では4択だと正答率が25%あっても不思議ではないのですが、それが18%ぐらいの場合はどう読み取るかなど役に立つ指摘が多々ありました。

東大は英語民間試験を導入せず

東大が、2020年からの「大学入学共通テスト」の英語で導入される民間検定試験について、二次試験では受験生にスコアを義務付けない方針です。

 

国立大学協会は併存期間中、両方(検定試験と共通テスト)の受験を義務付けるとしましたが、東大は民間試験のスコア提出しないことを決めました。

 

東大が受験生に求める具体的な英語力の基準は、国際標準規格「CEFR(セファール)」で下から2番目のA2(英検で準2級~相当のレベル)レベルで、合否は従来型試験の成績を用いる方向です。

 

家計や住居地域で受験機会が左右されるとの懸念が指摘されなど意見が統一できなかったとありますが、東大は話す能力にはあまりこだわっていないのでしょうか。

 

明日からテストがはじまります

今日は時間ずらして通常授業と試験対策授業を行ないました。

 この3連休はテスト対策で終わりました。

 

明日(火曜)から私立高校生の試験が始まります。

 試験と並行して、先週末も今週末も文化祭もある高校もあって、慌ただしい雰囲気が続きます。

コピー用紙があがる

19日の15時をもってA3とA4のコピー用紙の値段が上がるという案内先日がFAXで届いたので、つい1箱(A4 5000枚、A3 2500枚)を発注してしまいまい、今日届きました。

 

A4はまだかなり残っているのでつい気持ちが大きくなって無駄遣いをしないように注意しなければなりません。

 

コピー用紙は再生紙のものを利用しているのですが、最近古新聞・古雑誌とトイレットペーパの交換率が悪くなっているように感じるのですが、古紙業界で何が起こっているのでしょうか。

私立大学の入学定員について

 文科省は18日、都市部の私立大への学生集中問題に向け、入学定員を一人でも超えた場合、2019年度から超過人数に応じて助成金を減額するとした罰則強化策の導入を当面見送ると決めました。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/education/edu_national/CK2018091902000196.html

 

罰則強化を見送る理由です。
① 一定の効果があった
② 追加合格が3月末まで出るために、受験生の心理的負担が大きい

 

2019年は18年と同様のルールを継続され、
・大規模校 110%以上
・中規模校 120%以上
・小規模校 130&以上
で助成金は不交付になるので、私大は今年同様合格者を絞ってきますので厳しさは変わりません。

 

 

 

 

多摩私立4校合同説明会

午前中プラザ町田で行われた「多摩私立4校合同説明会」に参加してきました。
以下4校の注目点です。

 

1.八王子学園八王子中学高等学校

・入試制度で大きな変更はなし
・高校入試の併願優遇で+30点を+50点に変更(10年前に戻す)、基準点の変更はなし。

 

2.桜美林中学校・高等学校
・高校のコース編成の見直
選抜クラス、一般クラスの2コースから①国公立コース ②特別進学コース(早慶上智) ③進学コース(GMARCH)の3コースに変更。
・中学入試について
2月3日の入試を午前から午後に変更、2月1日の総合学力評価テストに読解表現総合を追加

 

3.玉川学園
・IBクラスについて
高校はすべて英語の授業なので英検準1級程度でないと授業についていけない。
中学入試でIBクラスの受験者が増えた。

 

4.日本大学第三中学校・高等学校
・甲子園では応援席の周りの一部を除いてはすべてアンチ日大で、2回戦で勝った後選手が「僕たちは勝ってはいけないのしょうか」と涙を流していたそうです。
・逆風ですが、説明会には順調に参加してもらっているとのこと。
・大学進学ですが、1/5が他大学一般受験、2/5が推薦、2/5が日大進学