ブログ

月別アーカイブ: 2019年1月

AIで出来ること

新聞にAIが保育所選考の記事が載っていました。

 

東京都港区は今年10月から、認可保育施設の入所選考に人工知能(AI)を導入し、職員が3日間かけて手だ業で行っている選考を、約5分で出来るようになるそうです。

 

本年度の4月の一次申込みで児童約2500人分の申請があり、職員約15人が3日間、延べ500時間かけて手作業で約80施設に振り分けたそうです。

 

AIを導入した場合、この作業がy伯5分で可能になります。勿論実証実験を繰り返し行い、AIの選考結果と手作業と100%一致させることに成功しました。

 

区によると400万円の人件費が削減されるそうです。区は作業負担の軽減により、保育サービスの向上につなげたいとありますが、職員の残業代のカットにならないかとも思いました。

 

AIを活用するために

神奈川県立中高一貫校の去年の適性検査の過去問に人工知能「AI」を題材にした問題が出題されました。

日本が抱える課題(問題)を資料から読み取り、AIを活用するためにどのようなことを学びたいか、自分の考えをまとめ、適切に文章で表現する問題です。

資料による課題は少子高齢化による生産人口(15~65歳)の減少をどのように対応していくかということです。

 

AIは人工知能と訳されますが、明確な定義はなく実体としてとてもイメージしにくいものです。最も解りやすいのは囲碁や将棋のプロに勝つソフトでしょうか。

 

小6の生徒にAIを活用するためにどのようなことを学びたいかと問われてもAIとは何かがよくわかっていないので、非常に答えにくい問題です。

 

またどこまでの答えを要求しているのか、判断が難しいです。

 

 

今日から学校がはじまります

今日は公立・私立の学校が始まります。

 

3学期制の学校は授業がなく午前中で終わりのところが多いですが前期後期の二期制の高校ではフルで授業があるところがあります。

 

いよいよ受験シーズンに突入です。

新年に思うこと

今年のモットーは“daywork”です。

 

今日はこれだけは絶対にやると決めたことを必ずその日のうちにやり遂げることです。

 

つい、他の簡単な仕事を優先したり突発的な仕事に時間をとられたりして出来なかったことが多々ありました。

 

今年はそれを払拭して、本当に今日やると決めたことをやることです。

本日から冬期講習が再開します

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今日から7日(月)まで冬期講習もあと4日です。
土日も朝9:00からはじめます。

 

仕事始めが月曜日(7日)の企業が多いようで、今日の朝の電車は空いていました。
学校は火曜日(8日)が始業式のところが多いようです。

 

高校生の今月のスケジュールを見ていたら全ての高校で模試の日程が組み込まれています。
センター試験もありいよいよ受験が始まります。

 

ラクビーで帝京大学が10連覇ならす、箱根駅伝では青山学院大学の5連覇をかけた復路の逆襲も届かず、王者が敗退する年明けとなりました。

 

青山学院大学の原監督の言葉です。

「進化を止め、立ち止まった時点でチームは後退する」