ブログ|スクールIE中央林間校 大和市 個別指導 学習塾

ブログ

HP更新

本日は午後から月に1~2度のHPの記事の更新です。

 

今日中に更新しないとアップされるのが連休明けになるかもしれないので必須です。

土曜日のルーチンワーク

4月から中3生の国理社の授業が始まったので、毎土曜日の午後はその準備に追われます。

 

授業は各教科60分で理科や国語は問題を解く時間は確保できるのですが、社会はつい説明に多くの時間をとられてしまいます。

 

理科社会共にアウトプットが必要な教科ですので、毎年模索しています。

宇宙飛行士の割合と・・・

人が初めて宇宙飛行したのは58年前です。
以来、世界で560人以上が宇宙に行きました。

 

ほとんどはアメリカ人とロシア人で3番目は日本の12人だそうです。

 

もうひとつ気になったデータですが、
私立高校の教員のうち非正規の割合が2017年で約42%だそうです。

 

パイロット志望の講師がいますが、その延長に宇宙飛行士はあるのでしょうか。
今後確認してみます。

 

全国私立学校教職員組合連合(全国私教連)が文部科学省の学校基本調査から推計したデーターです。
非正規の教員の全体像を示す実数はなく、実際は「もっと多い」との指摘をあります。

 

教員に卒業生が多い学校は評価のポイントだと聞いたこともありますが、半数近くが非正規の教員とは驚きです。

小学5・6年 教科担任制

柴山文部科学相は17日、小学校から高校段階に至る今後の教育の在り方に関する総合的検討を中教審に諮問しました。

 

その主な内容ですが、
①小学5・6年の教科担任制
②高校の普通科の再編(改革)
です。

 

①ですが、文科省によると小学校では現在、学級担任が全教科を教えるのが基本(ただし学級担任が教えるか、他の教員が教えるか法令上の規定はない)ということです。

 

実態はというと、2018年度に各学校が立てた授業教育によると、学級担任でない教師が教えている割合は、
音楽:五年で54.0%、6年で55.6%
理科:5,6年で40%強
ですが、国語や算数は1割をきります。

 

来春(2020年度)から教科になる英語については文科省が専門教員の確保を予算化しています。

 

文科省が諮問した理由ですが、2020年度から始まる高学年での英語教科、プログラミングの必修化などに伴う専門家的指導力の発揮や学級担任の負担軽減を想定してとのことです。

 

単純にその教科が好きな先生に教わらないとなかなかその教科を好きにならないと思うのですが、小学校のうちに先生によって嫌いになった教科が増えないようにしてもらいたいものです。

 

②についてですが、高校を巡っては、中学の時よりも学習意欲が下がるとの調査結果があり、生徒数で全体の7割を占める普通科の役割が明確でないのが一因との指摘があり、政府の教育再生実行委員会での論点も踏まえ、
「理数教育重視化」
「地域人物育成型」
「グローバル型」
といった特色を明確化した普通科再編集を議論するとあります。

 

現在の高校の普通科の存在が実情に合わなくなってきているということでしょうか。より実務に傾斜していくのが心配なところです。いずれにしても答申は2020年末ですからまだまだ先ですね。

中学生・高校生の英語力

文部科学省が16日、全国の公立の中学・高校の生徒の英語力を調べた2,018年度の「英語教育実施状況調査」(2018年12月実施)の結果を公表しました。

 

政府が示す英語力の水準は、
・中学3年生:「CEFR「セファール)」のA1レベル(英検3級相当)
・高校3年生:「CEFR「セファール)」のA2レベル(英検準2級相当)
以上の資格を取得しているか、または教員が「相当の能力がある」を判断したのも含みます。

 

昨年、政府が示すレベルに達した生徒は、
・中学3年生:42.6%(前年比1.9ポイント増)
・高校3年生:40.2%(前年比0.9ポイント増)
です。

 

調査は中学校9374校、高校3354校の全公立校を対象に実施しました。

 

都道府県別では、
・中学3年生上位県:①福井県61.2% ②千葉・徳島52.3%
・高校3年生上位県:①福井県56.0% ②秋田県53.3% ③兵庫県48.4%
です。

 

神奈川県は、中3:38.1% 高校3年:46.1%です。

 

福井県は16年度から中3、高1、高2生に対して年1回、民間資格検定試験の受験料を全額圃補助。県立鉱区入試でも英検の級に応じて加点するなど受験を推進しています。

 

政令市(中学のみ)では、さいたま市が75.5%と突出しています。さいたま市では16年度から小1~中3の0年間で一貫した英語教育に取り組み、中学では学習指導要領で定められた年間140時間(1コマ50分)の授業を、独自に157時間に拡大しています。

 

神奈川県の政令指定都市3市の結果です。
・横  浜  市:55.9%
・川  崎  市:42.3%
・相模原市:36.4%

 

高3の上昇幅が大きい地域です。
秋田県 11.6ポイント(53.3%)
富山県   5.7ポイント(54.8%)
東京都  5.2ポイント(43.4%)
茨城県  4.9ポイント(41.4%)
徳島県  4.2ポイント(44.9%)

パワーをもらいました

今日の午前中に大手町でスクールIEのエリア別オーナ会に出席してきました。例年ですと首都圏では各県ごとに分かれて行うのですが、今年は各県合同で行いました。

 

各県での取り組みを共有しようということです。
いろいろなオーナ室長がいてパワーをもらいました。

 

2万歩歩いてきました

昨日は午後から鎌倉に行って鎌倉を一周してきました。

 

北鎌倉駅→浄智寺→源氏山公園→銭洗弁財天→高徳院(大仏)→

由比ヶ浜→鎌倉駅→鶴岡八幡宮→建長寺→北鎌倉

 

北鎌倉で食事をして13:30頃に友人と2人で出発し、途中ほとんど休みも取らずひたすら歩き続けました。

 

北鎌倉駅に戻った時は5時を過ぎていました。友人のスマホで測った歩数は2万歩を超えていました。

 

18時から関内で昔の仲間との飲み会あり、美味しいお酒を飲むことができました。

10連休

新聞に時事通信が実施した「10連休に関する世論調査」の結果が載っていました。

 

・とてもうれしい  9.3%
・まあうれしい 27.2%
「うれしい」の合計 36.5%

 

・全くうれしくない   14.8%
・あまりうれしくない   26.2%
「うれしくない」の合計  41.0%

 

・関心がない     21.1%

 

うれしくない理由です
・仕事をしていないので関係ない  28.0%
・仕事を休めそうにない      19.3%
・家事などの負担が増える       10.8%
・仕事に支障がある           9.6%

 

連休の過ごし方
・自宅でゆっくり過ごす   64.3%
・国内外を旅行する人    16.2%

 

今後も国が主導をして長い連休をつくるべきか
・そう思う     29.9%
・そう思わない     66.8%

 

調査は全国の18歳以上の男女2000人に個別面接方式で3/8~11に実施、有効回収率は61.2%です。

 

″理科”好きは減っているのでしょうか

国立青少年教育振興機構の調査(平成28年)によると。理科が得意と答えた児童・生徒の比率は、
小学4年生:50.0%(全教科3番目)
小学5年生:44.7%
小学6年生:35.4%
中学2年生:26.4%
高校2年生:16.6%
と、ほぼ直線的に下降します。

夢も希望もない

 

小学校では実生活に密接した内容で、野外実習や実験等も多いですが、学年が上がるにつれ内容が抽象的になりアクティブラーニングの頻度も減ってくるからだろう、とあります。

 

現役の高校生に聞くと文理比率が4:6とか5:5といいますので、半世紀前とは文字通り隔世の感を実感していたのですが、高校生で理科が得意な生徒の比率は昔と大きくは変わらないのですね。

 

アクティブ・ラーニング(全員参加型教育)の本格導入で得意教科の減少に歯止めがかかるといいのですが。

私立中学校の説明会

4月末から連休を挟み5月・6月・7月初旬まで私立中学の塾対象の学校説明会が行われます。

 

その案内が先週あたりから届きはじめました。

 

保護者との面談の中でどの学校の名前がでてくるかわかりませんので、出来るだけ参加したいのですがやはり近隣の学校が優先になります。

 

校長先生のお話を伺うのが楽しみでもあります。